×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口腔洗浄器人気ランキング|口腔洗浄器の選び方と使い方

口腔洗浄器人気ランキング

パナソニック口腔洗浄器 「ドルツ・ジェットウォッシャー」

 

約1600回/分、水で叩くような心地よい水流で歯ブラシではとれない、
歯と歯茎の間の食べカスを除去してくれる口腔洗浄器、ドルツのジェットウォッシャー。
歯茎の状態に応じて水流の強さを調整できるので、誰でも気持ちよく使うことができます。

 

≪詳細はこちらから≫

 

リコーエレメックス デントレックス

 

歯医者がすすめる口腔洗浄器、デントレックスです。
脈動ジェット水流が歯ブラシでは取れない食べカスやプラークを落とします。
歯茎が引き締まり、出血しなくなるという口コミが目立ちました。

 

≪詳細はこちらから≫

 

デンタピック

 

たたくように断続ジェット水流を起こす口腔洗浄器、デンタピック。
毎分2000回の刺激が歯茎に気持ちいい刺激を与えます。
刺激の強さは自由に調節できるので初心者から使いなれた方まで、
幅広い方々に使ってもらえます。

 

≪詳細はこちらから≫

 

おすすめ電動歯ブラシ
おすすめ脱毛器ランキング
おすすめドライヤーランキング
人気ヘアアイロンランキング
おすすめ電気シェーバーランキング

口腔洗浄器を選ぶ時に大事なのが水圧です。

水圧が強ければより歯の汚れを除去しやすくなりますので、選ぶ時の目安になっているでしょう。

 

口腔洗浄器の水圧は「1.0kgf/cm2」のように表示されていて、数値が高ければ水圧が高いということになります。

なかなか汚れが取れずにイライラするという人は強い水圧を好むでしょう。

 

もちろん強い水圧を出せる口腔洗浄器は便利ですが、さらに大切なのは水圧調整です。

歯茎に当てるとき、歯の間、親知らずと場所によって水圧を変えられると便利です。

歯の間は強く吹き飛ばしたいかもしれませんが、歯茎は少し優しくしたいという好みもあるはずです。

それに歯肉炎がひどいときにはもっとも弱い水圧で優しく洗浄したいことでしょう。

 

口腔洗浄器を選ぶときには最大の水圧が高いことも大事ですが、できるだけ簡単に細かく水圧調整ができる機能があると便利です。

中にはダイヤルで5段階を簡単に調整できるタイプもあるので、口コミもチェックしながら選んでみるのもいいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/02/09 20:51:09

冷たいアイスや水を口に含んだとき、歯に染みてしまうことはありませんか?

歯が染みるのは虫歯以外にも知覚過敏という症状が原因の可能性があります。

 

知覚過敏とは歯の根っこの神経が過敏になって冷たいものや歯ブラシの刺激で沁みたり痛くなったりする症状です。

口腔洗浄器は知覚過敏予防にも一役かいます。

 

歯周ポケットは歯垢が溜まりやすく口臭の原因にもなりますが、敏感な歯の根っこ部分を細菌が刺激して知覚過敏を引き起こすこともあります。

無理に歯磨きで歯周ポケットをキレイにしようと思っても、歯ブラシで傷を付けて逆効果になってしまいます。

 

歯周ポケットの汚れを優しく取り除くには、口腔洗浄器が便利です。

マッサージ効果で歯茎が引き締まってくれば、歯の神経が刺激されることも少なくなってきますね。

ただし、知覚過敏が進行しているならやはり歯医者さんで見てもらうのが一番です。

口腔洗浄器の水で染みるかもしれないので、ひどい場合は専門家に相談してからにして下さいね。

続きを読む≫ 2015/02/09 20:51:09

しっかりと歯を磨いたつもりでもなんとなく口が臭く感じる人もいるのではないでしょうか?

口臭は自分が思っているよりも強く、周りの人に迷惑をかけている可能性があります。

知らないうちに口が臭いと思われていたらショックですよね。

 

口腔洗浄器は口臭予防にもピッタリです。

口臭の主な原因は、歯周病です。

歯周病とは歯茎の疾患で、歯周ポケットに歯垢が溜まりっぱなしになることで起きやすくなります。

 

歯周ポケットの汚れはなかなか歯磨きでは取りにくいので、口腔洗浄器を使って取り除くと便利ですよ。

初めて使った時には汚れが取れると同時にニオイを感じ、ショックを受けてしまうかもしれませんね。

それも何度か使ううちに溜まった汚れもなくなって、ニオイも無くなってきます。

歯茎や口臭の変化を感じ、ますます洗浄するのが楽しくなります。

 

また、適度な水流は歯茎のマッサージにもなります。

歯ブラシが届かない隙間の汚れを口腔洗浄器で取り除いておけば、口臭予防に繋がりますね。

続きを読む≫ 2015/02/09 20:50:09

口腔洗浄器を一度使うと、その快適さに病みつきになる人が多いものです。

でも歯ブラシと違ってかさばるのがちょっと難点ですよね。

会社や旅行先など、出先で使える口腔洗浄器があればとても便利です。

 

出先で使う口腔洗浄器なら、コンパクトなタイプが便利です。

ノズルとタンクが一体化しているハンディタイプで、少し大きめの電動歯ブラシの感覚で持ち運べます。

ただし、ノズル本体に水を溜めるので持ったときにやや重く、水流はあまり長く持ちません。

携帯タイプなので水の量は100mlから150mlぐらいでしょう。

 

また、ハンディタイプの口腔洗浄器は充電式と電池式があります。

充電式を海外に持っていく場合は充電器の電圧に気を付けなくてはいけません。

旅行専用として電池式の口腔洗浄器を持っているのも便利ですね。

電源が無いところでも使える便利さがあるものの、電池が入る分重さが増します。

それぞれのメリット・デメリットをよく考えてから選ぶといいですね。

続きを読む≫ 2015/02/09 20:50:09

お口の汚れをキレイに取り除くには、口腔洗浄器と正しい歯磨きを併用するのが一番いい方法です。

まず歯の表面の汚れを落とすには、丁寧な歯磨きがピッタリです。

歯を2本ずつ磨くような感覚で、小刻みに動かしましょう。

決して強く当ててはいけません。

 

どんなに丁寧に歯磨きをしても落とせないのが、歯の間と歯周ポケットです。

歯の間ならデンタルフロスでかきだすこともできますが、うまくいかず歯茎を傷つけてしまうこともあります。

それに歯周ポケットはデンタルフロスでもきれいに汚れを取ることができません。

 

歯磨きでもデンタルフロスでも届かない部分に口腔洗浄器を当てて、食べカスや汚れを落とします。

デンタルフロスを使わなくても歯ブラシと口腔洗浄器のダブル使いでかなりキレイになるのではないでしょうか?

 

また、歯茎を健康に保つためにマッサージをしている人もいますが、口腔洗浄器があれば便利です。

歯ブラシのように歯茎に傷を付けることもないので、安心してマッサージができますね。

続きを読む≫ 2015/02/09 20:50:09

歯列矯正中は器具と歯の間に汚れが付くので、時間をかけて歯磨きしなくてはいけません。

なかなか普通の歯ブラシではキレイに磨けず、苦労している人も多いのではないでしょうか?

そんな人にピッタリなのが、口腔洗浄器です。

 

口腔洗浄器は水の力で汚れを吹き飛ばすものなので、複雑で入り組んだ形をしている歯列矯正器具でも便利に使えます。

これまでの歯列矯正中のお手入れというと、歯ブラシを使ってワイヤー周辺の汚れを落とすのが大変でしたね。

歯の間にもフロスを入れることができず、歯垢が溜まるのではと心配になります。

 

上手な使い方は、歯ブラシと併用することです。

口腔洗浄器で汚れを浮かせておいて、歯磨きでさらに汚れを磨き落とすようにすれば完璧ですね。

 

これがあれば歯列矯正中の歯磨きもかなり楽になり、フロスが入らない部分も水流で一吹きするだけで済みます。

会社や学校などではなかなか念入りに磨けないという人も、コンパクトな洗浄器を持って行って活用するといいでしょう。

続きを読む≫ 2015/02/09 20:49:09

歯の隙間でも水圧で汚れを落としてしまう便利な口腔洗浄器ですが、さすがに歯石を取ることはできません。

歯石はとても固いものだからです。

 

そもそも歯石とは、歯垢が変化して固くなったものです。

歯垢がミネラル分と結合して石灰化したもので、2週間ほどで歯石に変化すると言われています。

まるでセメントのように歯にこびり付いているので、削り落さないと剥がれません。

ただし少し剥がれかかったものであれば、水流で浮かすことはできるでしょう。

 

さすがに口腔洗浄器の強い水流でもセメントのような歯石を落とせないので、このような状態になったら歯医者にいって特殊な道具を使って剥がしてもらうしかないのです。

これをスケーリングを呼びます。

 

口腔洗浄器が役に立たないというわけではなく、予防に役立てることは可能です。

歯石が溜まってしまうのも歯肉炎の原因になります。

日頃から口腔洗浄器を上手に使って歯垢が溜まらないようにし、歯石に変化するのを防ぎましょう。

続きを読む≫ 2015/02/09 20:49:09

口腔洗浄器は口の中を衛生的に保つのに便利なものです。

しかしいくら汚れを落とす目的で使っていても、道具が不潔では意味がありません。

管理をちゃんとしないためにカビが生えてしまったものあります。

その状態で口の中を洗浄するのはとても不潔です。

 

一番気を付けて欲しいのは、タンクです。

口腔洗浄器のタンクの中には洗浄液を入れますが、濡れたままで放置しているとカビが生えやすくなります。

カビを防ぐにはやはり乾燥しかありません。

収納するときにはタンクをしっかりと乾かすようにしましょう。

しばらく使わないときはホコリが被らないように、箱に入れるかカバーをしておきましょう。

また、口の中に入れるノズルの汚れも忘れてはいけません。

ノズルには口の中の汚れが付きやすいので、常に清潔な状態にするのを心がけましょう。

口腔洗浄器の使用前後には消毒用アルコールで拭いておくと安心ですね。

ノズルもタンクと同様に水分をしっかりと拭き取ってから保管するのが大事です。

続きを読む≫ 2015/02/09 20:49:09

親知らずは口の一番奥にある歯なので、歯磨きをするのが難しいですね。

特に口が開きにくい人は歯ブラシを奥まで入れることができず、苦労します。

そのため口腔洗浄器を利用して汚れ落としに役立てている人もいます。

 

親知らずをそのまま放置していると、口臭の原因になることもあります。

自分はちゃんと歯磨きしているから平気と思うかもしれませんが、奥にある親知らずには歯肉がかぶさっていることが多いです。

物を食べると歯と歯肉の間にカスが溜まるようになります。

 

親知らずに歯肉がかぶさった状態では、歯磨きやデンタルフロスで汚れを落とすことはできません。

そんなところの汚れを落とすのに向いているのが口腔洗浄器なのです。

 

ただし口腔洗浄器でもさすがに歯肉で埋まっている親知らず部分を完璧にきれいにできません。

放っておくと歯肉炎が悪化してくる可能性もあります。

なかなか踏ん切りがつかないかもしれませんが、口臭の原因になっているなら思い切って親知らずを抜くことも考えてみましょう。

続きを読む≫ 2015/02/09 20:48:09

日本は食後のデンタルフロスもあまり普及していないことからも分かるように、海外に比べると口の中の衛生観念がやや弱いように感じます。

その点欧米諸国は口の中の衛生面に非常に敏感で、デンタルフロスだけではなく口腔洗浄器を利用する人も多いです。

 

そのため口腔洗浄器は、海外製品もよく見かけます。

ただし口腔洗浄器を海外で購入して、そのまま日本国内で使用するのはちょっと待って下さい。

 

日本と外国では電圧が異なるので、海外製品をそのまま日本に持ってきても使えないことが多いのです。

電池入りの携帯型ではなく電源を必要とするものは、日本で使えるものかどうかを確認するようにしましょう。

 

また、口腔衛生観念が遅れているといっても、日本製の機械は全体的にきめ細やかな作りをしています。

修理や信頼性を考えると、国内のメーカーが発売している口腔洗浄器が無難でしょう。

有名どころでは体脂肪計でもお馴染みのオムロンが出しているので、色々とチェックしてみるのもいいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/02/09 20:48:09